乳酸菌の耐熱温度って何?

乳酸菌はアレルギーに効果がある、免疫力向上が期待できる、ウイルスなどの外敵から体を守る効果があるなど、今健康、美容両面から注目されています。
ヨーグルト、納豆、キムチ、チーズなどにたくさん含まれている菌類は、便秘に効果的とか、お腹にいいくらいしか知識を持っていない方も多かったのですが、最近は多機能型の食品も多数販売され、乳酸菌の様々な効果を知る事にもつながっています。

実はこの菌類は、加熱殺菌されたものと生菌を利用したものがあります。
生きたまま腸に到達するといううたい文句の商品も多数ありますが、これらの商品は生菌を利用したものです。
加熱殺菌されたものは、すでに死滅している乳酸菌商品という事になります。
生きたまま腸内に届かないから意味がないじゃない?と思う方もいらっしゃると思いますが、死滅している菌類は、腸内に生きたまま到達した菌類のエサともなりますので、加熱殺菌されたものと生菌をうまく摂取していくという事が重要なのです。

乳酸菌には耐熱温度があります。
元気よく働ける温度というと、自家製ヨーグルトを作ったことがある方はよく御存じでしょう。
そう、だいたい40度くらいです。
このくらいの温度を保ってあげると増殖し、生きた乳酸菌がたっぷり配合されたヨーグルトとなります。
この菌は低い温度については耐久性があり、0度以下となる場合、仮死状態となって適温に戻すと活発に働き始めるという特性を持っています。
逆に高温にはとても弱い性質があり、50度から60度くらいになるとあまり長くはもちません。
せいぜい、もっても30分くらいのものでしょう。

100度以上の高温となると、瞬殺されるといわれているほど、高温には弱い性質を持っているのです。
という事は、この耐熱温度を良く理解し、乳酸菌食品類を扱う事が必要となります。
生きたまま腸に届くという生菌を利用するのなら、高い温度で利用するのではなく、活発に活動できる温度で利用してあげることが必要なのです。
生菌と加熱殺菌されたエサとなる乳酸菌を両方バランスよく摂取し、健康に美容に役立てていきましょう。


MENU